後悔したくない!結婚式にはどんなドレスを選ぶべき?

後悔したくない!結婚式にはどんなドレスを選ぶべき?

ドレスはデザインが決め手

自分にピッタリの、体型の良さを強調できるドレスを選びましょう。
場の雰囲気や結婚式披露宴会場も考慮のうちに。
空間とウエディングドレスがマッチするのも必須です。
ウエディングドレスを着るのは特別な経験です。
後悔のないように選び方を考えます。
ウエディングドレスの「プリンセスライン」は、ふんわり膨らんだシルエットで女性らしくて可愛らしいデザインです。
お姫様風のイメージを強調したい女性に。
「マーメイドライン」は、ドレスが体のラインに沿ったデザインで、人魚のように見えることが由来です。
年末の国民的テレビ番組で国民的女性歌手が大人の女性を演出されていたこともあるシルエットはボディラインが強調され、自信のある人向きで綺麗です。
「スレンダーライン」は、ボディラインを強調する細身のシルエットのデザインで、スタイリッシュな大人のイメージを演出できます。
話題の元アメリカ人女優の皇太子妃のウエディングドレスのような、シンプルなシルエットで高貴な印象です。
スリムで長身な人に似合うドレスで、小物に拘ってみると良いでしょう。
ボリュームがシンプルで小回りもきき、レストランウエディングなどにも向いているシルエットのドレスです。
「エンパイアライン」は、最近人気が上昇したデザインです。
デザインの特徴は、他のドレスと異なって胸の下の辺りに切り替えがあります。
胸の下から裾にかけてはシンプルなデザインになっていて、大人っぽいイメージです。
素材や装飾で、可愛らしさを強調したデザインが多くあり、好みを演出できます。

特別なウエディングドレス

Aラインのドレスは体型を選ばず誰でも綺麗に着こなせるドレスです。 ウエストが高く腰から裾に徐々に広がるシルエットが「A」の形であるのが由来です。 シンプルで上品でウエストがフィットしてボトムに重心がきてバランスが良いからです。 ウエストの切替がなく身長が高く見える効果も。 トレーンが長いドレスも多いです。

映え方をチェック

ゲストハウスやリゾート結婚式などは、軽やかなドレスをチョイス。 ホテルなどでの結婚式と一味違って、自然の光の中でガーデンやビーチなどを背景にすることを考慮した演出も必要です。 素材が軽くて動き易く、装飾などもシンプルなドレスで、ナチュラルなものがよく映えます。

一番美しく見えるドレス

ウエディングドレス生地の白色にも複数の種類があるので、違いを知っておきましょう。 白色が定番ですが、一般的な純白の「ホワイト」と、日本人の肌色にもなじみ易い白色に少し肌色を混ぜ合わせたような「オフホワイト」と、白色でも黄色が強めの「アイボリー」などの種類があります。

Page
top